生産性のある人生って何?進学、就職が人生の正解なのか。

K(ϋ)KIです!

このブログを見てくださってありがとうございます。

 

 

今回は「人生の生産性」がテーマです!

 

 
 

 生産性とは?

生産性 – Wikipedia

Wikipediaによると「労働や資本、資源から価値を作り出す程度」のこと。

 

 

・労働して報酬を得る。

・子供をつくって育てる。

 

例えばこれらには「生産性がある」と思われます。

 

 

 ▼このニュースについて

news.livedoor.com

少し前に賛否両論があった発言ですね。

 

 

素人の僕が見ると「子供を新たに作ることができない同性愛者等=生産性が無い」という解釈に思えます。

 

 

同性愛者等だと身体的な面から「新たに子供をつくることはできない」けど、なんか差別的な印象が強いよね・・・

 

 

 

 

あくまでも生産という言葉のグループ内に「子供を作ること」がある

子供が作れない=生産性が無いことじゃない

 

ってみんなが受け止められたら良いですよね!

 

 

今の僕に生産性はあるのかな(苦笑)

 

 

 学校を卒業したら・・・

 外国語を話せるようになりたいなら外国人の恋人をつくる

 

これ有名な話ですよね。

恋人とコミュニケーションしたいという願望や慣れから、積極的に外国語を覚えようとするもの。

 

 

 

経験則ですが、

・コミュニケーションや駆け引きが苦手。スマホの知識ほしい→だから営業(携帯ショップ)

・体力を付けたい。第一次産業を知りたい→だから漁師

・大人のいやらしい話をしたい→だからガールズバー店員(男だけど)

 

 

経験のある方から教わって始めて身につくんですよね

 

 

 

 
 それを踏まえて、

 学生の時って先生から教わることがほとんどですよね?

 

学校を卒業したら「進学」か「就職」かの2択だけ。

 いわゆる生産性のある未来へ導かれるわけです。

 

 

人生は、進学か就職しか無いんですか?

僕は高卒で就職しました。

その選択に不満はないし、先生も親も喜んでいたし。

 

 

でも、今思うことは

 

起業や自由業について知る機会が欲しかった!

 

 
 

学校で、例えば起業のやり方とか投資のマネジメントを教えてもらう機会って専門の学校に行かない限りは無いよね・・・?

 

でもそれは、教えてくれるのが教師だから。

社長でもなく投資家でもありません(過去経験されている方との出会いは、少なくとも僕はなかった)

 

 

それに僕がそれらの知識を欲しいと思わなかったから。

実際に起業家の人から学ぶ機会がほしかったなーと思った今日でした。

 

 

 

今やインターネットで何でも専門知識を調べて勉強することができる。

これってめちゃめちゃ幸せなんですよね。

 

生産性のある人生って何?進学、就職が人生の正解なのか。” への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です